簡単にPDF化できるスキャナーアプリ「CamScanner+」

スマホでスキャンできるアプリ

スキャナーというのは、いくつも製品があり、A4やA3対応の製品があります。
ただし、それは名刺などをスキャンするには、使いにくい製品でした。
そんな中で登場したのがCamScanner+であり、スマホで撮影すれば簡単にPDFに出来ます。
CamScanner+はiOSのみ対応ですが、CamScannerだとAndroid用もあります。

様々な書類などをPDFにすることが出来、カメラで撮影するだけでスキャンできるのでとても簡単です。
スキャンしたデータは、メール送信や、ファックスで出力、Dropboxに保存など色々と出来ます。

スキャンの精度が高い

CamScanner+のすばらしい点は、そのスキャン精度です。
たとえば名刺をカメラで撮影してスキャンするにしても、わざわざ名刺を置いて、カメラで位置調節する必要はありません。
たとえ斜めに撮影した名刺でも、撮影すると画像を自動的に調節して綺麗な形にしてくれます。
CamScanner+にしかなく、CamScannerではこの機能はありません。
読み込んだデータは、回転させる事も出来ますので、必要なら調節することも出来ます。

さらに便利なのは、書類などをスキャンするときは、自動的に書類の文字認識もしてくれます。
読み込んだ文字は、そのままテキストとして出力できます。
テキストにすると、保存してテキスト検索も出来ますので、データが多くなったときに、必要なファイルを検索すればすぐに探せます。

便利な機能

・ウェブページのデータ化

気になるウェブページがあれば、撮影すればスクリーンショットになり、そのままPDFにも出来ます。

・手書きメモ

ファイルを送信する時などは、一言加えたいことがあれば、手書きメモが便利です。
手書き風に文字を書けますので、何か一言加えたり、一部をマークして目立たせたり出来ます。

・保存場所を選べる

スキャンしたデータは、PDFにしてそのまま保存、メール送信、プリント、DropboxやGoogleDriveにアップロードなども出来ます。
スキャンしたデータは、PDFやJPGになりますので、メール送信時などもどちらを送信するかなどと選ぶことも出来ます。

手軽にスキャンできるアプリであり、+でなければAndroid用もありますので、スマホがあれば使えるアプリです。
CamScanner+は有料版であり、CamScannerなら無料です。
手軽にPDFやJPGに出来るので、名刺やちょっとした書類などをデータ化するのに役立つでしょう。
専用の名刺管理アプリを使わなくても、CamScanner+なら名刺を読み込み整理できるので、手軽でとても良いです。

仕事以外でも、たとえば家でも毎月の公共料金の払込書をスキャンしてまとめる、などという使い方も便利かもしれません。