持っていると転職に有利な資格~男性編~

転職をするときによいアピールになる資格とは

転職を成功させるには求人を出している企業側に対して自分がその企業にとって有用な能力を備えているということをアピールしていくことが必要になります。

そのための一つの手段となるのが資格の取得で、特に排他的な業務を担当できる難関国家資格になるとより高待遇の仕事を探しやすくなっていきます。

士業のようにどうしてもそれがないと就業ができないという仕事ではそうした資格は必須ですが、それ以外の仕事であれば必ずしも資格を備えていないといけないということはありません。

自分の能力を示したいという気持ちから多数の資格を取得するいわゆる「資格マニア」も就活生にはよく見られるようですが、ただ闇雲に資格を取得しそれを何もかもアピールしようとするというのは逆に採用担当者に「キャリアの方向性のない人だな」という印象を与えてしまいます。

資格を就職活動のアピールに使用するならまずは自分が目指す仕事にどういった能力が求められているかということを分析し、自分自身がどんなスキルを持った人間であるかということをわかりやすく提示していきましょう。

事務作業のための一般的資格は汎用性が高い

就職を希望する業務のジャンルにかかわらず広くスキルのアピールに使用することができるのが事務系の資格です。

一般職でも研究職でも必ず事務的な作業は行わないといけないものなので、それをするための基礎的なスキルがあるということを資格によってアピールするというのが有効な手段となります。

有名なものとしてはパソコンの操作スキルを示すことができる「ITパスポート試験」や「MOS」といったものや、会計処理の基本を理解する「日商簿記検定」などがあります。

また最近では外資系企業だけでなく英語のスキルを重要視する企業も増えてきているので、「TOEIC」や「TOEFL」といった英会話能力を示すことができる資格も就職活動を有利に進めるための手段となります。

地方都市での勤務や営業職など外回りが多くなる仕事の場合には「普通自動車運転免許」がないとそもそも就職ができないということもあります。

専門的な資格があるとキャリアアップに有効

転職により管理職やより責任ある役職をめざしたいという人なら、より難易度の高い資格を持っておくと便利です。

先ほど上げた「日商簿記検定」の場合、一般的な知識レベルまでなら3級でも十分ですが、より経営に近い位置から会計を理解するためには2級以上を持っておきたいところです。

また税理士や中小企業診断士、社会労務士といった会社運営に必要な法律系資格があるとより管理職候補としてアピールができます。

理系の研究職や工場内の仕事においては危険物の取扱をすることも多いため、危険物取扱者や電気主任技術者といった技能資格があると責任者として仕事をしていくことができます。