キャリアの不安と向き合い方

自分は本当にこのままで良いのか不安…

仕事をしているに辺り、自分の将来が不安になるという方は少なくありません。
これは男性女性、年齢立場に関係なく思うことで、誰しもが抱えている不安といっても過言では無いのです。

自分の将来が不安になる、仕事に対して不安に思ってしまう理由には色々とありますが、やはり一番大きいのは、会社への不安があげられます。
業績不振によるリストラ、会社そのものの破産や倒産、スキャンダルなどなど、会社そのものが色々と危機に直面している場合、不安を感じてしまう物です。
また、業界そのものに関しての不安を感じるという事も多く、こちらも結果として、会社への不安に繋がります。

更に、自分はこの仕事に向いて居るのかという、職業選択に関する不安、結婚や出産、親の介護など、自分自身の環境が変わるタイミングで仕事が続けられるのかという不安など、環境そのもの、職業そのものに不安を感じる事も多いでしょう。
こちらも人によってレベルはあれども、一度や二度は最低考える事ですので、決して恥ずかしがる事はありません。
こうした事態に直面したときに、自分はどんな事をするべきなのか、後悔のない選択をするためにはどうすべきなのかを、考える事が大切です。

キャリアの節目はいつ?

仕事に対する不安の中には、キャリアの不安を抱えている方も多く居ます。
この仕事で出世を出来るのか、転職をしてキャリアアップをするべきなのか、色々と考える事がありますが、キャリアに関して考えるときにはまず、キャリアの節目を理解することが大切です。

キャリアの節目は全部で3つあります。
一つ目はキャリアの初期で、仕事に付いてから初めて現実に直面する時期になります。
学校を卒業して社会人となり、理想と現実のギャップに直面する、このタイミングが、初期キャリアです。
初期段階では、まずは現実を知り、社会を知るところから始める必要がありますので、がむしゃらに働き、がむしゃらに色々な世界を見ることが重要になります。
資格取得などにもおすすめの時期ですので、興味がある物はどんどん資格を取りましょう。

2つ目は、キャリアの中期です。
有る程度仕事という物を経験し、いわゆる中堅所と呼ばれるような存在となり、後輩も出来て責任のある仕事を任される時期です。
このタイミングになったら仕事へのストレスが少なくなり、有る程度余裕が出来る時期ですので、仕事に関しても、プライベートに関しても、色々な事を考えられるようになるでしょう。

そして、中期キャリアの危機と呼ばれるのが、3つ目の節目になります。
2つのキャリアを乗り越えて、自分の方向性が何と無く見えてくる時期、転職などを本気で考える時期になるのです。
これら3つのタイミングで、自分自身のキャリアを考えていくことが重要になります。