人事部門を表彰する「日本HRチャレンジ大賞」とは?

日本HRチャレンジ大賞ってどんなもの?

2012年から行われ始めた取り組みとして知られるのが、日本HRチャレンジ大賞です。
日本社会の活性化促進を目標に、採用や人材育成、人材マネジメントにキャリア開発、人材領域における優れた取り組みを進んで行っている企業に送られる賞として設けられました。
日本HRチャレンジ大賞を受賞することで、企業としての地位確立はもちろんの事、就活生からも一目おかれるようになり、人材獲得に繋がりやすくなるのが特徴です。

2012年に始まったこの賞は現在に至るまで様々な企業が参加しており、例年授与式が行われています。
表彰されるのは、人事部門と、人材サービス部門の2つの部門に分かれており、それぞれ社内の人材への取り組みと、クライアントへの提供サービスの内容が評価されるのです。

企業内外と問わずに表彰基準にしているからこそ、様々な企業が積極的に参加をしており、それぞれの企業で、実に素晴らしい評価がされています。
評価されるポイントは、取り組みの革新性を始め、戦略性や経営貢献、そして社会的な影響性があげられるでしょう。

日本HRチャレンジ大賞の受賞事例

中小企業、大企業など、企業の規模を問わずに幅広い企業が対象となっていますが、例えば、それぞれの日本HRチャレンジ大賞では、このようなサービスや取り組みが過去に評価されました。
まず、味の素株式会社が行った、キャリア自立を促進する目的の取り組みがあげられます。
こちらは長年働いて来たミドル社員やシニア社員を対象に、キャリア自立を促進する取り組みを行う事で、より一人一人が、いつまでも自分らしく働ける環境を作る努力をした点が評価されました。
体系的に仕組みを構築することで、後世に負担がかかる事無く、それぞれの年代がそれぞれの満足出来る働き方をすることが出来たのです。

次に、キュービーネット株式会社が行った、技術指導、及び労働環境の改善に対する取り組みがあげられます。
こちらは社内で無料カットスクールを開催し技術指導を行うという取り組みや、生脈認証による出退勤管理システム等を導入する事で、より働きやすい環境を作った点が特徴です。
無理せず技術力アップを出来る環境を整え、出退勤にストレスのない環境、ミスが無いような環境を作ることで、革新的、より人材確保につながった点も魅力と言えるでしょう。

このように、各種企業が様々な革新的な取り組み、新しい方法によって、それぞれの業務を確立してきたのが特徴です。
積極的にこうした取り組みを評価することで、より経済の発展に繋がり、様々な雇用のチャンスを増やす事に繋がるという点も、日本HRチャレンジ大賞ならではの魅力と言えるでしょう。